お申込み、お問い合わせはこちら

イベント・ニュース

イベント

京都と東京で夏休みワークショップを開催します!

2017/07/08

Tera school が京都と東京で開催する夏休みワークショップのお知らせです。
京都では7月30日(日)、東京では8月20日(日)の開催で、それぞれ夏休みの自由研究にも生かせるような内容になっています。 たくさんの方のご参加をお待ちしています!

【京都】

7月30日(日)14:00〜16:30に、京都市左京区にある東本願寺の岡崎別院でワークショップを開催します!
今回のテーマは「鉄道ジオラマづくり」で、鉄道模型の会社で働かれていた経験を持つお坊さんに講師役になっていただく予定です。
どうしたら鉄道ジオラマがより本物らしくなるか考えながら、設計図を書いて、材料を上手に使って作るコツを学びます。
工作好きな子どもたちにとっては、夏休みの自由研究のヒントになるかもしれません。

「ワークショップ『テラノバ!』in岡崎別院 〜鉄道ジオラマづくり」
・日時:7/30(日)14:00〜16:30
・会場:真宗大谷派 岡崎別院(京都市左京区岡崎天王町26)
 *市バス「岡崎神社前」から徒歩すぐ、「岡崎道」から徒歩5分
・主催:Tera school(NPO法人寺子屋プロジェクト)
・後援:京都市教育委員会
・対象:小学3年生〜6年生と保護者の方
・定員:20名(先着順)
・参加費:500円

*お申し込みフォーム: https://goo.gl/forms/gecikIP4FrAESVUf2
*お申し込み締め切り: 7/27(木)

【東京】

Tera school 東京教室では、8月20日(日)10:00〜15:00に小・中学生を対象としたワークショップを開催します。今回のテーマは「ゲーム作りで論理的思考力を磨こう!」です。
普段の Tera school 東京教室では、楽しみながら算数/数学の知識と論理的思考力を身につけるプログラミング教室を開講しています。
しかし、今回は夏休み特別企画として、あえて「プログラミング以外の方法で」論理的思考力を磨くワークショップを企画しました!
ゲーム作りといっても、コンピュータゲームではなく、カードゲームやボードゲームなどのアナログゲームを作ります。
アナログゲームと論理的思考がどのように繋がっているの? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「プレイヤーが楽しめるゲームの設計を考える」「ゲームバランスを調整する」「ルールブックやマニュアルをつくる」といったゲーム作りの過程は、プログラミングにも通じる論理的思考そのものです。

今回のワークショップでは、アナログゲームの本場と言われるドイツのデザイナーが制作したものも含めて多様なゲームにふれ、それぞれのゲームのどこに「面白さ」「楽しさ」があるのかを自分たちで解き明かした上で、オリジナルのゲーム作りに挑戦します!
夏休みの自由研究にもぴったりの内容ですので、自由研究のテーマを決めていない方もぜひご参加ください。

なお、本ワークショップ後には、通常のプログラミング教室も開催しております。
プログラミング学習に興味がある方は、ぜひそちらの体験もご検討ください!

「Tera school ワークショップ 〜ゲーム作りで論理的思考力を磨こう!〜」
・日時:8/20(日)10:00〜15:00
 ※お弁当などお昼休みに食べるものを各自でご持参ください。
・会場:徳浄寺(東京都大田区大森東1-16-22)
 *京急本線「平和島」駅より徒歩5分
・対象:小学3年生〜中学3年生と保護者の方
・定員:15名(先着順)
・主催:Tera school
・講師:荒木勇輝(Tera school 代表、NPO法人Board Game Japan 副代表)
・参加費:2,000円

*お申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/cnWRhMRRsfdscirG3
*お申し込み締め切り:8/13(日)

★Facebookページでも情報を発信しています!
Tera school Facebookページ:https://www.facebook.com/teraschool.jp

記事一覧へ戻る

このページのトップへ