スタッフとして参加する

 
 
Tera school では、教室で子どもたちの学習を支援しながらともに学ぶスタッフの方を随時募集しています。


原則、半年間以上の期間を通して参加していただける方が対象で、基本的には週1回程度、場所や日程の面でご都合の良いいずれかの教室に参加していただく形になります。平日夜に開催されている学び合い教室では、主に小・中学生の子どもたちの学習の支援を行いながら、読書や子どもたちとのグループワークを通して自分自身も学んでいただきます。プログラミング教室や探究コース、Tera school Kids への参加も歓迎です。

また、教室への参加に加えて、学習プログラムの設計、ワークショップの企画、寺子屋の開設支援、NPOの運営など、それぞれの希望に応じた業務に関わっていただくことが可能です(一部業務には役割に応じた報酬制度があります)。多くのスタッフが、自分自身の学びにつながる様々な経験を業務の中から自由に選んで活動しています。

スタッフの方には全員に交通費実費を支給しているほか、勉強会やワークショップ、図書費の補助制度などを通してスタッフの方の自身の学びもサポートしています。

社会人スタッフ:年齢にかかわらず参加していただくことができ、平日の日中は企業などで働いておられる方や、主婦の方、退職された方も活躍されています。

大学生スタッフ:現在は、京都大学、同志社大学、立命館大学、大谷大学、大阪大学、滋賀大学、首都大学東京の学生20名以上が参加しています(2019年9月時点)。学業や就職活動、長期休暇など自分の都合に合わせて活動の頻度を調整することが可能です。


子どもたちの学びを応援しながら、自分自身も学びたい方をお待ちしています!


学び合い教室の様子

集中学習
学び合い教室前半の集中学習の時間では、自分にとって必要な学びに取り組んでもらいつつ、子どもたちの学習のサポートをしてもらいます。対等な関係の中で子どもたちの学びの力になれたり、子どもたちの学ぶ姿勢に刺激を受けたりする楽しい時間です。
グループワーク
学び合い教室の後半はグループワークの時間。子どもたちが関わりやすいように聞き役になったり、チームに加わって自分自身もワークを楽しみます。ワークの進行やデザインもスタッフが主体的に行っています。
 


その他の活動の様子(一例)

ワークショップ
土日に不定期で開催している一般公開のワークショップでは、様々なゲストの方をお招きして一緒にイベントを作っていきます。ファシリテーションやワークの設計の経験がたくさん積めます。
開設支援
Tera school では、全国の学びの場の開設支援活動も行っています。寺子屋を始めたい方々の要望を聞きながら、一緒に教室をデザインしていきます。
 

大切にしたい3つの姿勢

当団体の活動の趣旨を理解していただける方に、教室の見学とNPO職員との面談、事前研修を経てご参加いただいています。ご自身の関心や時間の都合に合わせて関わり方を柔軟に決めることができるので、まずはお気軽にご連絡ください!

 

このページのトップへ