サポーターとして参加する

 
 
 

Tera school では、私たちの活動を応援してくださるマンスリーサポーターの方を募集しています。個人の方には月500円から、法人の方には月5,000円から、継続的なご寄付をいただき、子どもたちに学習機会を提供するために活用させていただいています。

例えば、皆さんからの寄付金をもとに、就学援助を受けている家庭の子どもたちが無料でプログラムに参加できる団体独自の奨学生制度を実現しています。

首都圏や関西圏では年数回、ワークショップや公開勉強会など、サポーターの方が子どもたちやスタッフとともに楽しく学べる機会も設けています。

「学び」をテーマに一人ひとりがつながる Tera school ならではのコミュニティに、あなたも参加してみませんか?

Tera school マンスリーサポーター お申し込みフォーム
(VISA/MASTER/JCB/AMEX/Dinersでのカード決済に対応しています。決済代行サービスROBOT PAYMENTのページに移動します)

 

寄付額・特典表

 

サポーターインタビュー

「色々な個性の子たちを受け止められる団体に」
マンスリーサポーター 春原頌子さん


現在は民間企業で働いていますが、もともと教員志望で教育への関心が強く、海外の高校に通っていた自分自身の経験もあって、日本でももっとさまざまな形の教育が広がってほしいと思っていました。
関西に転勤になって間もない頃に、知人の紹介で Tera school を知りました。教科学習だけでなくプログラミングなどのさまざまなカリキュラムがあり、お寺で新しい形の教育をつくろうとしているのも面白いなと思ってサポーターになりました。実際に青蓮院(2018年に円通寺に移転)と妙心寺を見学したのですが、子どもたちは自由な雰囲気の中で楽しく過ごし、大学生のスタッフも生き生きしていて、子どもだけが受益者なのではなく教える側にも学びがあるところに共感しました。
Tera school には、経済的に厳しい家庭の子どもたちを対象にした奨学生制度があります。他の教育系団体のサポーターにもなっていますが、貧困層の子どもたちだけを対象にしている活動も多いので、経済的に厳しい子もゆとりがある子も参加でき、お互いが多様な人とふれあえるコミュニティをつくっているのは Tera school ならではの魅力だと感じています。これからも色々な個性の子たちを受け止められる団体として、活動を広げていってほしいと思います。

 

Tera school マンスリーサポーター お申し込みフォーム
(VISA/MASTER/JCB/AMEX/Dinersでのカード決済に対応しています。決済代行サービスROBOT PAYMENTのページに移動します)

 

このページのトップへ